ノルバスクの降圧効果と副作用

ノルバスクは主成分がアムロジピンベシル酸塩である、カルシウム拮抗剤です。
このノルバスクは細胞内へのカルシウムの流入を減少させることで、冠血管や末梢血管を緩和させて高血圧に効果を発揮します。
そして血圧を下げていることで狭心症の発作などを起こり難くしてくれます。

高血圧症では成人の場合、通常はノルバスク(アムロジピンとして)1回に2.5mgから5mgを1日1回服用します。
個々の症状によってはノルバスクを適宜増減されることがあります。
高血圧への効果が十分に現われないときには、1日2錠(アムロジピンとして10mg)まで増やされることもあります。

子供の高血圧では6才以上の場合、通常1回のアムロジピンとして2.5mgを1日1回服用します。
子供の場合は年齢や体重、高血圧の症状によっても適宜ノルバスクの量を増減されることがあります。
ですが、1日1錠(アムロジピンとして5mg)を越える事はありません。

ノルバスクを忙しくて飲み忘れてしまった場合は、高血圧であってもその日に飲まずに翌日のいつもの時間に飲むようにします。
ノルバスクを服用しているときに生活している上で、注意することがいくつかあります。
高血圧の状態からこの薬を服用することで急に血圧が降圧するので、めまいやふらつきなどが現れることが予想されます。

このめまいやふらつきが出た場合を考えて、車の運転や高い所での作業さらに、危険が伴う機械の操作には十分に注意する必要があります。
また、ノルバスクを服用するときにグレープフルーツジュースで飲んでしまうと、フルーツに含まれる成分が薬の代謝を阻害して血液濃度が上昇し、降圧効果作用が強くでることもあります。
そのために、グレープフルーツジュースやグレープフルーツ自体も食べる事は避けるようにしてください。
どうしてもグレープフルーツを食べたい、ジュースを飲みたい場合には十分に時間的猶予を置いて、摂るようにしましょう。

ノルバスクの副作用は?

ノルバスクは高血圧に効果がありますがその反面、副作用も存在します。
この薬を服用することで起こる副作用には、次のような症状が報告されています。
それは、ほてり(熱感・顔面潮紅など)やめまい、ふらつき・頭痛・頭が重い・動悸・浮腫(むくみ)・発疹・痒み・蕁麻疹・光線過敏症・多形紅斑・血管炎・血管浮腫・そして連続して服用することで歯肉肥厚などです。

歯肉肥厚は歯茎が肥大して、腫れている状態をいいます。
腫れている状態で痛みを感じる以外に、肥大した歯茎に歯周ポケットが出来て、歯肉炎になることもあります。
歯茎から出血したり膿がでたりなどの症状が加わります。
薬を服用はじめてから1ヶ月から3ヶ月で起こることが多い副作用です。
この間は、特に歯茎に注意する必要があります。
この歯肉肥厚と並んで多いのがむくみで、5パーセントから70パーセントの高い発症がみられます。

この他に、これらの副作用の初期症状と思われる可能性がある、普段ならば注意しないような吐き気などがあらわれることがあります。
吐き気以外では嘔吐や全身の倦怠感、皮膚や白目が黄色になる(劇症肝炎・肝機能障害・黄疸)・のどの痛み・発熱・出血し易い(歯肉や鼻血など)・徐脈・めまい・失神(房室ブロック)・筋肉痛・脱力感・赤褐色尿などとなっています。
これらの副作用は一見、ノルバスクの服用とは無関係に思えるものばかりです。
ですが、薬の服用をしている場合には、どんな些細な症状でも現れたときにはすぐに、担当医か薬剤師に相談することを心がけて下さい。
稀ではありますが、赤褐色尿は横紋筋隔解症の初期症状であるかもしれません。
筋肉痛や脱力感なども、その症状のひとつとしてあげられています。
これらを感じたなら、すぐに病院へ連絡してください。

これらの副作用が発生せず、服用に特に問題が生じなければ通販でノルバスクを購入して、切らさないように常備しても良いでしょう。
ノルバスクは病院処方より通販がお得に購入することが出来ますので、長期的に服用することがわかっている方は特に通販から購入する方が経済的でしょう。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード